【2022年クラシックボーダーライン】皐月賞・桜花賞に出走できるのは?

2022年のクラシックボーダーラインをまとめています。

収得賞金ランキング(牡馬)

馬名収得賞金
ジオグリフ2,000万円
セリフォス2,000万円
アスクワイルドモア1,000万円
アライバル1,000万円
ヴィアドロローサ1,000万円
スリーパーダ1,000万円
ベルウッドブラボー1,000万円
ラブリイユアアイズ1,000万円

収得賞金ランキング(牝馬)

馬名収得賞金
ナムラクレア2,200万円
ナムラリコリス2,000万円
カイカノキセキ1,000万円
ナムラクレア600万円

優先出走権が与えられるレース

出走権が与えられるレース着順出走できるレース
弥生賞1着~3着皐月賞
若葉ステークス1着~2着皐月賞
スプリングステークス1着~3着皐月賞
皐月賞 1着~5着 日本ダービー
青葉賞 1着~2着 日本ダービー
プリンパルステークス1着馬のみ 日本ダービー
チューリップ賞 1着~3着 桜花賞
フィリーズレビュー 1着~3着 桜花賞
アネモネステークス 1着~2着 桜花賞
桜花賞 1着~5着 オークス
フローラステークス 1着~2着 オークス
スイートピーステークス1着馬のみオークス

これ以外にも「京都新聞杯の1着馬」「NHKマイルカップ1着、2着馬」は収得賞金を大幅に加算できるので、日本ダービーに出走することができます。

  • 5,250万円 1着 NHKマイルカップ
  • 2,100万円 2着 NHKマイルカップ
  • 2,700万円 1着 京都新聞杯
  • 1,100万円 2着 京都新聞杯

京都新聞杯2着馬は出られるか微妙。

この記事の著者
JUN@海外競馬ブロガー

詳しいプロフィール

このサイトを運営しているJUNです。数年以内に海外で競走馬を所有する予定です。

このサイトでは「海外競馬の出来事」を中心に書いて行く予定です。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでのシェアお願いします!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • 京都新聞杯はトライアルではなく賞金で出走権を獲得できるといった感じでしたね。すみません、あとで書き直しておきます。

コメントする